ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 砂利とバークチップ(ウッドチップ)、どっちを選べばいいの?

砂利とバークチップ(ウッドチップ)、どっちを選べばいいの?

砂利とバークチップ、どっちを選べばいいの?

「お庭を綺麗に整えたいけど、砂利とバークチップどっちを選べばいいのかわからない…」「両方のメリット、デメリットを調べてから購入したい…」砂利もバークチップもどちらもよく似た資材なので迷ってしまいますよね。今回は2つの資材を比較し、それぞれの特徴を解説します。

砂利とバークチップの価格を比較する

まずは最も重要な価格を比較していきましょう。お手頃価格かどうかが一番気になりますよね。

砂利の価格

バラス(砕石)の値段

砂利の中で最も価格が安いのがバラス(砕石)です。石を細かく砕いただけなので、安いうえに砂利としての機能をしっかり備えているので一番使いやすいです。バラス自体の価格は安いのですが、非常に重いため(1平方メートル分で約100kg)送料が高くなってしまうのが欠点です。上記の価格は通販で購入した際の試算なので、ホームセンターなどで直接買えば安く済ませることができます。ただし、その場合運搬の手間がかかってしまうのが悩みどころです。沢山買う場合は軽トラなどを用意しましょう。

白玉砂利の値段

コチラもよく見かける化粧砂利の一つ、白玉砂利です。日本庭園、神社、お寺、ホテルなどでよく使用されています。見た目通り非常に綺麗で、バラス(砕石)と違ってお庭を華やかに彩ってくれるのがポイントです。しかし、綺麗な分値段が高いのが欠点です。コチラも通販価格での試算なので、ホームセンターなどで直接買えば安く済ませることができます。

瓦チップの値段

瓦と同じ材質で作られた砂利、それが瓦チップです。瓦同様に保水性と通気性に優れるため、植物に優しく雨の後涼しいのがポイントです。ただし、石よりも柔らかいので車など重い物が乗ると砕けてしまう恐れがあります。コチラも通販価格での試算なので、ホームセンターなどで直接買えば安く済ませることができます。

バークチップの値段

バークチップ バークチップは木の樹皮(硬い部分)のみを粉砕したものになります。砂利よりも見た目が暖かく、植栽と良く馴染み、クッション性が高いのがポイントです。バークチップはホームセンターでは小袋でしか販売されていないため、沢山買うなら通販の方がお得です。砂利と違って軽いため、送料があまりかからないのも嬉しい点です。沢山買うならコチラの業務用バークチップがオススメです。

砂利のメリット、デメリット

砂利のメリット、デメリット

まずは砂利のメリット、デメリットを見ていきましょう。バークチップと比べて重いので飛びにくい、腐らないのが大きなポイントです。

砂利のメリット

  • 雑草が生えてくるのを防ぐ(バークチップとほぼ同等の効果)
  • 石なので劣化しない、腐らない
  • 重いので飛ばされない
  • 踏むと音が鳴るので防犯効果がある

砂利のデメリット

  • 砂利を厚く敷かないと隙間から雑草が生えてくる
  • 雑草を抜いたり、落ち葉を掃除するのが大変
  • 土の中に沈んだり、風で飛ばされたりして徐々に減っていく
  • 定期的に追加する必要がある
  • 重いので運搬、施工が大変

砂利はこんな人にオススメ!

  • 一度施工したらあまりメンテナンスしたくない
  • 駐車場のような車が入ってくる場所に施工したい

バークチップのメリット、デメリット

バークチップのメリット、デメリット

次にバークチップのメリット、デメリットを見ていきましょう。砂利と比べて見た目が華やかで暖かみがある、クッション性があるのが大きなポイントです。

バークチップのメリット

  • 雑草が生えてくるのを防ぐ(砂利とほぼ同等の効果)
  • 見た目がオシャレで綺麗
  • クッション性があるのでドッグランなどに最適
  • 植栽に優しい
  • 砂利よりも軽いので施工が簡単

バークチップのデメリット

  • チップを厚く敷かないと隙間から雑草が生えてくる
  • 雑草を抜いたり、落ち葉を掃除するのが大変
  • 土に沈んだり、飛ばされたりして徐々に減っていく
  • 木製チップなので割れたり、腐ったりして朽ちていくスピードが早い
  • 砂利よりも軽いので、風で飛ばされやすい
  • 定期的に追加する必要がある

バークチップこんな人にオススメ!

  • 花壇の植栽と一緒に施工したい
  • ドッグランなどクッション性が必要な場所に
  • 見た目が綺麗な方がいい

「バークチップを敷くと虫が集まってくる」「シロアリが湧きやすくなる」という噂がありますが、そんなことはありませんのでご安心ください。チップを敷いたから虫が集まってくるというわけではなく、日陰を求めて虫が寄ってくるのです。その点は砂利もバークチップもほぼ同じなのでご安心ください。また庭に敷くような木材チップはひとかけらが小さすぎるのでシロアリが湧くこともありません。詳しくは下記ページをご覧ください。

【関連ページ】バークチップにシロアリは寄ってくる?


沢山使いたい方には業務用バークチップがオススメ

業務用バークチップ 「木材チップを沢山使いたい」「安く買いたい」という方には業務用バークチップがオススメです。業務用の大袋なのでたっぷり入って安く買うことができます。ホームセンターには小袋しか置いていないため、そちらで買うと割高になってしまうので注意しましょう。ホームセンターでよく見る小袋が2〜5リットル入りなのに対し、業務用バークチップは50リットル入りになります。(10倍以上大きい、大袋入り)
また、もともと業務用の規格なので沢山買えば買うほど安くるなるのが特徴です。5袋、10袋、30袋…と買うほどに安くなります。大きなお庭に施工する際に便利です。


まとめ

  • 一度敷いたらあまりメンテナンスしたくない、という方には砂利がオススメです。
  • 見た目重視、お洒落なお庭を作りたいならバークチップがオススメです。
  • 砂利はホームセンターで買うと安くなりますが、通販で買うと高くなります(重量があり送料がかかるため)
  • 逆にバークチップはホームセンターで買うと高くなりますが、通販で買うと安くなります(ホームセンターには小袋しか置いてないため)
  • 「バークチップを沢山使いたい」「安く買いたい」という方には業務用バークチップがオススメです。