ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • バークチップ(ウッドチップ)の必要量がすぐわかる!計算機に数値を入れるだけ!

バークチップ(ウッドチップ)の必要量がすぐわかる!計算機に数値を入れるだけ!

バークチップ必要量計算機

バークチップを購入する際に気になるのが「必要量」ですよね。「何袋購入すればいいの?」と悩みますよね!そこで今回は必要量を簡単に計算できる計算機をご用意しました!『敷地の縦幅』『敷地の横幅』『厚さ』の3つを入力するだけで簡単に必要量が計算できます!

バークチップ(ウッドチップ)の必要量計算機

敷地の縦幅:
(m)
敷地の横幅:
(m)
厚さ
(cm)

必要量
リットル
50リットル袋が
個必要です。(※端数四捨五入)

※端数は四捨五入しております。
※施工現場によって必要数が変わりますので、おおよその目安としてご参考にしてください。


チップ1袋50リットルあたりの量

必要量計算機の使い方

まずは敷地面積を計算

敷地面積を計算

縦幅(メートル) × 横幅(メートル) = 面積(平方メートル)
※1坪およそ3.3平方メートル


まずは施工したい場所の敷地面積を計算しましょう。敷地のおおよその縦幅(m)、横幅(m)を割り出してください。縦幅×横幅で面積を計算することができます。
今回の計算機では平方メートル(平米)で計算します。1坪およそ3.3平方メートルになりますので、「坪」から「平方メートル」に直して計算してください。


チップを敷く際の厚さ

チップを敷く厚さ

バークチップはただ敷けば良いという訳ではありません。チップを敷く際の厚さが重要です。今回は用途に合わせて必要量を記載しましたので、施工現場に合わせてお選びください。

【チップの厚さの目安】

  • 花壇:チップの厚さ5cm
  • お庭の雑草対策(裸地):チップの厚さ10cm
  • お庭の雑草対策(防草シートの上から施工):チップの厚さ5cm
  • 遊歩道:チップの厚さ10cm
  • ドッグラン(小型犬):チップの厚さ5cm
  • ドッグラン(中型犬):チップの厚さ10cm
  • ドッグラン(大型犬):チップの厚さ10cm

【関連ページ】バークチップの粒の大きさ、選び方について
【関連ページ】ドッグランに敷くチップの選び方
【関連ページ】バークチップ、ウッドチップの違いについて


チップの必要量

バークチップの必要量

「敷地の縦幅」「敷地の横幅」「チップを敷く厚さ」が決まったらあとは計算機に入れて計算するだけでOKです。

※今回の計算機では『縦×横×厚さ=立法メートル』で必要体積を計算しています。1立方メートルを1000リットルとし、必要なバークチップ量に変換しています。例えば50リットルの大袋の場合、0.05立方メートル分の体積となり、『1メートル×1メートル×5cm』の量となります。


広い場所に安く敷きたい場合は業務用バークチップがオススメ

業務用バークチップ

個人宅向け
業者様向け
「広い場所に沢山チップを敷きたい」「でも価格はできるだけ安く済ませたい」という場合には業務用バークチップがオススメです。もともと業務用ですので、大容量(大袋)で安く買うことができます。業者用の大袋サイズで1袋50リットル入りになります。(一般的なホームセンターでは2リットル〜5リットル入りで販売されているので、10〜20倍の量になります)
値段が安いと「安かろう悪かろう」というイメージがありますが、業務用バークチップは品質もしっかりしているので大丈夫です。松の硬い樹皮のみを使用しているので、他の柔らかいチップと比べて虫が付きにくく、朽ちにくいのが特長です。もともと業者がホテル、テーマパーク、大型商業施設の花壇で使用する物なので、客先で粗悪品を出すわけにはいきませんから品質が安定しているのもポイントです。5袋、10袋と沢山買うほど値段が安くなるのも見逃せません。