ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • ウッドチップ、バークチップが台風(強風)で飛ぶのを防ぐには?対策方法

ウッドチップ、バークチップが台風(強風)で飛ぶのを防ぐには?

チップが強風で飛ぶのを防ぐには?

木の温もりがあってお洒落なウッドチップ(バークチップ)ですが、砂利と違って材質が軽いため台風で飛ばされてしまうことがあります。チップが飛び散ってしまうと集めるのが大変ですし、なによりご近所の迷惑になってしまいます。今回は強風でチップが飛ばされないようにする方法、対策法をご紹介します。
 

大きい(重い)チップを選ぶ

大きい(重い)チップを選ぶ

最も簡単な方法は大きい(重い)チップを選ぶことです。大きければ大きい分だけ重くなるので飛ばされにくくなります。個人的にウッドチップはサイズが選べない(均一化されている)場合が多く、材質も軽いのでオススメしません。バークチップはサイズ分けされている物が多く、大きい物を選べば飛ばされにくくなります。
例えば、業務用バークチップでは5種類のサイズ(3S、2S、S、M、L)から選ぶことができます。強風が心配な方にはMサイズ、Lサイズがオススメです。

【関連ページ】ウッドチップ、バークチップの違いについて


 

レンガで囲む

次にオススメなのがレンガで囲む方法です。レンガはホームセンターに行けば簡単に買えますし、値段も安く、色のバリエーションも豊富で、お庭の景観にもピッタリです。また、使いやすく配置も簡単に買えられるのがポイントです。唯一の欠点は高さをあまり確保できない(仕切りとして低い)点でしょうか。

 

見切り材(杭など)で囲む

見切り材(杭など)を使用するのもオススメです。レンガよりも簡単に高さを確保できる、見た目のバリエーションが多いのが特徴です。また、地面に直接打ち込む物が多いので芝の根切り(広がらないように止める)にも使えます。景観にこだわる人にオススメです。

 

凝固剤を使うのはオススメしません

たまに凝固剤(砂利等を固める物)を使ってウッドチップ(バークチップ)を固定しようとする方がいますが、これは全くオススメしません。凝固剤はあくまで砂利用に作られた物なのでチップを固定するのには向きません。 まず、砂利と違ってチップは木材のため薬液を吸ってしまいます。そのため、砂利使用時よりも薬剤が多めに必要になります。次に、砂利と違ってチップは柔らかいため固定させたまま上から踏むと割れてしまうことがあります。固めずに、ある程度分散するようにした方がチップが割れにくくなります。チップが割れて小さくなると、トゲができたり、朽ちるスピードが早くなります。

↓公式サイトでも使用はオススメされていません
【関連ページ】固まるくんのバークチップ使用について(公式サイト)


 

安く揃えたいなら業務用バークチップがオススメ

業務用バークチップ 「バークチップを沢山使いたい」「安く済ませたい」という場合には業務用バークチップがオススメです。業者向けの大容量(1袋50リットル入り)なので、ホームセンターで売られている小袋(2リットル袋、5リットル袋など)よりもかなり安く購入することができます。値段が安いと「安かろう悪かろう」なのでは?と心配になりますが、元々は造園業者がホテルや飲食店の花壇で使用する物ですから、高品質&品質が安定しているのもポイントです。
また、業務用バークチップは5種類のサイズ(3S、2S、S、M、L)から選ぶことができるので、強風が心配な方は大きい粒を選ぶと良いでしょう。Mサイズ、もしくはLサイズがオススメです。


 

業務用バークチップ使用事例

鉢植えバラへの使用事例

鉢植えバラへの使用事例

鉢植えバラに業務用バークチップを敷いた例です。バークチップを敷くことで、雨水の跳ね返り防止(土中のカビ菌付着による病気防止)、コガネムシの散乱防止などの効果があります。また、見た目にも美しいため、バラとの相性が非常に良いです。
 

店舗プランターへの使用事例

店舗プランターへの使用事例

店舗プランターに業務用バークチップを使用した例です。お店の景観を美しく彩るため、飲食店、ショッピングモール、ホテルなどでも使用されています。
 

お庭への使用事例1

お庭への使用事例

個人宅でお庭に業務用バークチップを敷いた例です。雑草対策でお庭に防草シートを敷いたのですが、シートがむき出しだと見た目が寂しいため、上にバークチップを敷きました。雑草対策になるうえに、景観も美しいので施工主様も大満足でした。
 

お庭への使用事例2

お庭への使用事例2

個人宅のお庭で業務用バークチップを敷いた例です。バークチップを敷く前は土がむき出しで寂しい感じでしたが、施工後はチップの暖かみが出て華やかになりました。
 

まとめ

  • ウッドチップ(バークチップ)は木製のため、強風で飛ばされてしまうことがあります。
  • 最も簡単な対策方法は粒が大きい(重い)チップを選ぶことです。
  • レンガで囲いを作るのもオススメです。
  • もっと高い仕切りを作りたい人は見切り材(杭など)で囲むと良いでしょう。
  • 砂利等を固める凝固剤をチップに使うのはオススメしません。踏んだ際にチップが割れてしまう恐れがあります。
  • チップを沢山使いたい」「安く済ませたい」「色々なサイズを選びたい」という場合には業務用バークチップがオススメです。5種類のサイズから選ぶことができます。

業務用バークチップ