ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • ウッドチップ、バークチップの違いについて教えて!どっちを選べばいいの?

ウッドチップ、バークチップの違い

ウッドチップ、バークチップ、どっちを選べばいいの?

「ウッドチップ」と「バークチップ」似ているようで実は全然違います。どちらも木を粉砕したマルチング材なのですが、「ウッドチップ」は木を丸ごと、「バークチップ」は樹皮のみを使用しています。その性質についてご紹介します。

ウッドチップについて

ウッドチップについて

「ウッドチップ」は木を丸ごと粉砕したものです。杉、ヒノキ、クスノキ、サイプレスなど樹種によって性質(香り、防虫効果など)が異なるため、色々選べるのがポイントです。ただし、品質はピンからキリまであり、安い物だと粗悪品が混ざっていることがあるので注意しましょう。例えば、材木加工で出た端材を粉砕し、ウッドチップとして売り出している所もあり、加工が荒いと「木のトゲ」が混ざっている場合があります。

ウッドチップのメリット

  • バークチップと比べて値段が安い
  • 土の乾燥を防ぐ
  • 雑草防除効果がある
  • ドッグランに敷くと、肉球への負担軽減、泥はね防止効果がある

ウッドチップのデメリット

  • 見た目が安っぽい
  • 木の中身(柔らかい部分)を使用しているため、バークチップよりも分解される(腐る)のが早い
  • バークチップと比べて柔らかいため、敷いた後にチップが割れてトゲができる場合がある
  • 粒が細かいので、地面に敷き詰める際たくさん必要になる
  • 粗悪品(安い物)を買うと「木のトゲ」が混ざっている場合がある

バークチップについて

バークチップについて

「バークチップ」は樹皮のみを粉砕したものです。ウッドチップと違って、木の中身は使用しません。黒松や赤松などの松類が使用されることが多いです。樹皮なので、粒が大きい、チップが固い、腐りにくいのが特徴です。また、バークチップは高級感があって美しく、景観向上にも優れた効果を発揮します。テーマパーク、ホテルなどの花壇で使用されることが多いです。

バークチップのメリット

  • 高級感があって美しい
  • 粒が大きいので、ウッドチップよりも少量で済む
  • 樹皮を使用しているので腐りにくい
  • 樹皮を使用しているので割れにくく、丸みがあってトゲが少ない
  • 土の乾燥を防ぐ
  • 雑草防除効果がある
  • ドッグランに敷くと、肉球への負担軽減、泥はね防止効果がある

バークチップのデメリット

  • ウッドチップと比べて高品質なので高い

ウッドチップ、バークチップにシロアリが発生することはある?

チップにシロアリは湧く?

チップが原因でシロアリが発生することはありません。シロアリは厚みのある木材(厚さ1cm以上)にしか生息できないのですが、ウッドチップもバークチップもシロアリが住み着くには小さすぎるので安心してください。
ただし、チップ下は日陰になって湿気が溜まるので、どうしても虫が集まりやすくなります。石を裏返すと虫がいますよね?あのようなイメージです。


ウッドチップとバークチップ、どっちを選べばいいの?

チップはどちらを選べばいいの?

ウッドチップ、バークチップは一長一短なので用途によって選びましょう。安さ重視ならウッドチップ、品質重視ならバークチップがオススメです。

安さ重視ならウッドチップ

「ウッドチップ」のメリットは何といっても安さです。木を丸ごと粉砕しているので、バークチップよりも1本の木から取れる量が多いので安くなります。また、建築材木の余った材料から加工できるのも安価のポイントです。
「広い場所にチップを敷き詰めたい」という場合にはウッドチップが良いでしょう。ただし、あまり安い物(粗悪品)を買うと、加工が荒く、木のトゲが混ざっている場合があります。ドッグランや公園(子供が遊ぶ場所)に敷く場合には十分注意しましょう。


景観重視ならバークチップ

景観(見た目)重視なら絶対にバークチップです。高級感があるので、テーマパークや、ホテルの花壇でも使用されています。また、樹皮を使用しているのでウッドチップと比べて長持ちなうえ、チップ自体に丸みがあるのでトゲがほとんどないのもポイントです。
良いこと尽くめですが、ウッドチップと比べて値段が高いのが欠点です。


バークチップを安く、大量に買いたいなら業務用がオススメ

業務用バークチップ ウッドチップと比べて高価なバークチップですが、安く買いたいなら業務用バークチップがオススメです。業者向けの大容量サイズ(1袋50リットル)なので、ホームセンターの物と比べて圧倒的に安いのが特徴です。また、5袋、10袋、と注文数によってさらに安くなるのもポイントです。
安いから粗悪品かと思ったらそうでもなく、造園業者が使用するためクオリティも高品質にまとまっています。(詳しくはリンク先の写真をご確認ください。)


バークチップの使用事例

鉢植えバラへの使用事例

鉢植えバラへの使用事例

鉢植えバラに業務用バークチップを敷いた事例です。雨水の跳ね返り防止、コガネムシの産卵防止に効果的です。また、見た目にも美しいので、バラとの相性は非常に良いです。

店舗プランターへの使用事例

店舗プランターへの使用事例

店舗プランターに業務用バークチップを使用した事例です。景観を美しく彩るため、飲食店やショッピングモールなどの商業施設でも使用されています。

お庭への使用事例1

お庭への使用事例

個人宅でお庭に業務用バークチップを敷いた事例です。雑草対策にお庭に防草シートを敷いたのですが、シートがむき出しだと景観が悪いため、上にバークチップを敷きました。雑草対策になるうえに、景観も良いため施工主様も大満足でした。

お庭への使用事例2

お庭への使用事例2

コチラも個人宅のお庭で業務用バークチップを敷いた例です。バークチップを敷く前は寂しい感じでしたが、施工後は華やかになりました。

まとめ

  • ウッドチップは木を丸ごと粉砕した物、バークチップは樹皮のみ粉砕した物です
  • ウッドチップの方が1本の木から採れる量が多いため、安価です。
  • ただし、あまり安いウッドチップ(粗悪品)を選ぶと、木のトゲが入っていることがあるので注意してください。
  • バークチップは樹皮を使用しているため、割れにくく、腐りにくいです。
  • バークチップは高級感があるので、景観重視の方はコチラがオススメです。
  • バークチップを大量に安く買いたい、という方には業務用バークチップがオススメです。量が多い分、安く購入できます。

業務用バークチップ