ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 防虫加工してあるバークチップ(ウッドチップ)はありますか?

防虫加工してあるバークチップ(ウッドチップ)はありますか?

防虫加工してあるチップはありますか?

バークチップ(ウッドチップ)を敷く際に一番気になるのが「虫が湧くかどうか?」だと思います。オシャレなお庭を作りたいけど虫が付くのは嫌ですよね。防虫加工してあるチップがあるならそっちを使いたいです。しかし、残念ながら市場に出回ってるチップのほとんどは防虫加工されていません、その理由をご紹介します。

防虫加工されている物はほとんどない

防虫加工されているものはほとんどありません

防虫加工されているチップはほとんどありません。少なくとも私は見たことがありません。そもそも防虫加工というのは「薬剤が塗布されている」状態ですから、草花、ペット、子供に影響を与えてしまいます。
バークチップ(ウッドチップ)のほとんどは、「花壇」「お庭」「公園」「ドッグラン」などで使用されるわけですから、草花や動物に優しい物でなければなりません。そのため、ほとんどのメーカーは「防虫加工していない」「自然のままで」販売しているわけなんですね。


そもそもチップに虫は付くの?

そもそもチップに虫は付くの?

チップを敷いたからといって虫が集まってくるわけではありません。大きな石をひっくり返すと裏側に虫がくっ付いてますよね?あれと同じ現象で、湿度があって涼しいから虫が休憩しに来るのです。砂利を敷いても同じような現象が起きます。つまり、木製のチップに集まってくるというよりも、「休憩所として日陰に集まる習性がある」ということです。チップを敷いたからと言って爆発的に虫が繁殖することはありません。

チップを敷くとシロアリが湧く?

チップを敷いてもシロアリは湧きません

「木を食べる虫」というとシロアリが思い浮かびますが、チップを敷いたからといってシロアリが繁殖することはありません。そもそもシロアリが木をかじるのは、巣を作るためです。巣を作るには厚さ1cm以上の大きな木片が必要になります。しかし、チップでは小さすぎるためシロアリの標的にはなりません。

木の香りで防虫(虫よけ)できると聞きましたが?

木の香りで防虫できる?

木の種類によっては「香り」で防虫できる物もあります(クスノキなど)。ただし、これは最初の数か月しか効果が無いので期待しない方がいいでしょう。木の香りというのは樹液から出ている物ですから、風雨に晒されると数か月で洗い流されてしまいます。香りよりも、木の硬さで選んだ方が良いでしょう。柔らかいチップは虫が付きやすく、硬いチップは虫が付きにくくなります。

虫が付きにくいチップの選び方

ウッドチップ、バークチップの比較

虫が付きにくいチップはズバリ「バークチップ」です。「バークチップ」は木の樹皮(硬い部分)のみを選んで粉砕したチップです。これに対し、木の中身(柔らかい部分)を粉砕したのが「ウッドチップ」になります。
木の樹皮は害虫から身を守るために、硬くて厚くなっています。これに対し、虫に食害されるのはほとんど中身の柔らかい部分です。害虫はこの柔らかい部分を目指して穴を開け、中に潜り込むのです。つまり、チップを敷くなら樹皮のみを使用している「バークチップ」が良いのです。硬くて虫が付きにくいですし、朽ちにくく割れにくいので長持ちします。反対にウッドチップは柔らかくて割れやすいので、朽ちるのも早いです。長持ちもしません。


どうしても虫が嫌な場合は木酢液

「チップ裏に虫が付くのも許せない!」という方は木酢液を撒くと良いでしょう。木酢液は木炭を作る際に出る煙を集めて、冷やして液体にした物です。煙くさいような、燻製のような独特の刺激臭があります。ニオイが強いので、虫よけや害獣よけとして使用されています。
さらに、木酢液は自然由来なので環境に負荷をかけず、花壇やお庭で使用しても安全安心です(むしろ土に良い影響を与えると言われています)。ただし、前述の通りニオイが強烈なので近所迷惑にならないよう注意しましょう。ペットを飼っている場合は、ニオイを嫌がるかもしれません。


広い場所に沢山敷きたい場合は、業務用バークチップがオススメ

業務用バークチップ 「広い場所に沢山敷きたい」「なるべく安く済ませたい」という場合には業務用バークチップがオススメです。業務用の大型サイズ(1袋50リットル入り)なので、たっぷりのチップを安く買うことができます。ホームセンターで売られている小袋(2リットル、5リットル)で買うと割高になってしまうので注意しましょう。
また、業務用バークチップは赤松樹皮のみを使用しています。木の硬い部分を使用しているので、虫が付きにくい、割れにくい、朽ちにくい(長持ちする)という特徴があります。一般的なウッドチップ(木の中身、柔らかい部分を使用している物)よりも高品質で長持ちするのでオススメです。


業務用バークチップ使用事例

鉢植えバラへの使用事例

鉢植えバラへの使用事例

鉢植えバラに業務用バークチップを敷いた例です。バークチップを敷くことで、雨水の跳ね返り防止(土中のカビ菌付着による病気防止)、コガネムシの散乱防止などの効果があります。また、見た目にも美しいため、バラとの相性が非常に良いです。
 

店舗プランターへの使用事例

店舗プランターへの使用事例

店舗プランターに業務用バークチップを使用した例です。お店の景観を美しく彩るため、飲食店、ショッピングモール、ホテルなどでも使用されています。
 

お庭への使用事例1

お庭への使用事例

個人宅でお庭に業務用バークチップを敷いた例です。雑草対策でお庭に防草シートを敷いたのですが、シートがむき出しだと見た目が寂しいため、上にバークチップを敷きました。雑草対策になるうえに、景観も美しいので施工主様も大満足でした。
 

お庭への使用事例2

お庭への使用事例2

個人宅のお庭で業務用バークチップを敷いた例です。バークチップを敷く前は土がむき出しで寂しい感じでしたが、施工後はチップの暖かみが出て華やかになりました。
 

飲食店花壇への使用事例

飲食店花壇への使用事例

飲食店の花壇で業務用バークチップを使用した例です。植栽、看板を照らすためのライトが植えてありますが、チップを敷く前は土がむき出しで寂しい感じでした。チップを敷いた後はオシャレで華やかな印象になりました。

まとめ

  • 防虫加工してあるチップはほとんど販売されていません。
  • 防虫加工(薬剤塗布)すると、花壇の草花、ペット、お子様に影響が出るからです。
  • チップを敷いたからといって、チップ目的で虫が集まってくることはありません。
  • チップ下の日陰が虫の休憩所になることはあります。
  • チップを敷いたからといって、シロアリが集まってくることはありません。
  • どうしても虫が嫌な人は、木酢液を撒くと良いでしょう。
  • 虫が嫌いな方にはバークチップがオススメです。木の硬い樹皮だけを使用しているので、チップに虫が付きにくいです。
  • 「チップを沢山使いたい」「安く買いたい」という場合には業務用バークチップが良いでしょう。

業務用バークチップ