ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • ドッグランに敷くチップの選び方!ウッドチップ、バークチップどっちが良いの?

ドッグランに敷くオススメチップは?

ドッグランのチップの選び方

綺麗なドッグラン、憧れますよね!ワンちゃんが思いっきり遊べるように自宅のお庭に是非作りたいです。しかし、チップの種類が沢山あるので選ぶのが大変ですよね。そこで今回はドッグランに使われるウッドチップ、バークチップの選び方、それぞれの特徴をご紹介します。

ウッドチップの特徴

ウッドチップ

ウッドチップは木を丸ごと粉砕した物です。これに対し、バークチップは樹皮のみを粉砕した物です。ウッドチップの方が1本の木から採れる量が多いため、安価になります。「とにかく安く済ませたい!」という方はウッドチップが良いでしょう。
ただし、商品によっては木のささくれ、トゲが入っている場合があるので注意しましょう。値段が安い物ほど粗悪品が多く、粉砕が荒い傾向があります。また、木の柔らかい部分(中身)を使用しているため、チップが割れやすく、朽ちやすいです。袋から出した時にトゲが無くても、徐々にチップが割れてトゲができる場合があります。


ウッドチップのメリット

  • バークチップと比べて値段が安い
  • 杉、ひのき、サイプレスなど樹種が沢山あって選べる
  • 樹種によっては香りがある

ウッドチップのデメリット

  • 木のささくれ、トゲが入っている場合がある(安価な物ほど粗悪品が多い)
  • 木の柔らかい部分を使用しているので、割れやすく、朽ちやすい
  • チップが割れて、トゲができる場合がある
  • チップの色味が明るいので、庭に敷くと景観に違和感が出る
  • チップの粒サイズが選べない

バークチップの特徴

バークチップ

バークチップは木の樹皮のみを粉砕した物です。黒松や赤松の樹皮を使用することが多いです。写真の通り、見た目がとても綺麗なのでガーデニング、花壇作りにも使用されています。また、チップが丸みを帯びているので、ウッドチップと比べてささくれ、トゲが少ないのもポイントです。さらにチップが硬いので割れにくく、朽ちにくいです(長持ちします)。
一番の欠点は、ウッドチップと比べて値段が高いことです。品質で見たら絶対バークチップの方がオススメなんですが、値段で考えると非常に悩ましいです。「高品質なバークチップを安く買いたい!」という方には業務用バークチップがオススメです。


バークチップのメリット

  • ウッドチップよりも見た目が綺麗
  • ガーデニングにも使用されるので、お庭の景観を壊さない
  • ささくれ、トゲがほとんどない
  • 硬い樹皮を使用しているので、割れにくく、朽ちにくい(長持ちします)
  • 硬い樹皮を使用しているので、虫が入り込まない
  • チップの粒サイズが選べる

バークチップのデメリット

  • ウッドチップと比べて値段が高い
  • ウッドチップと比べて香りが無い

チップの粒サイズ

チップの粒サイズ

犬種に合わせてチップの大きさも選びましょう。小型犬なら小粒を選ばなければいけませんし、大型犬なら割れにくい大きなチップを使用した方が良いです。今回は業務用バークチップでのサイズ比較を記載していますが、チップサイズは製造メーカーにより異なるので、必ず事前に確認しましょう。
  • 小型犬の場合は小さい足でもしっかりと踏めるように2S粒がオススメです。
  • 小型〜中型犬は標準サイズのS粒が良いでしょう。その他、迷ったらとりあえずS粒で大丈夫です。
  • 大型犬の場合はM粒がオススメです。

チップを敷く量

チップを敷く量

犬種に合わせて、チップを敷く量も調節しましょう。小型犬の場合は少量でも大丈夫ですが、大型犬の場合は多めに敷いておかないとクッション性が無くなってしまいます。
  • 小型犬なら厚さ5cmになるように施工
  • 中型〜大型犬なら厚さ10cmになるように施工

大量に安く買いたいなら業務用バークチップがオススメ

業務用バークチップ 「安く済ませたいならウッドチップ」「品質を重視するならバークチップ」とご紹介しましたが、バークチップでも安く済ませる方法があります。それが業務用バークチップです。業務用の大型規格なので、たっぷり買っても安く済ませることができます。また、プロの業者が使用する物なので品質も全く問題ありません。さらに5種類のサイズから選べる(3S粒、2S粒、S粒、M粒、L粒)ので、ワンちゃんの犬種に合わせて自由に選ぶことができます。 角取り加工もしてあるので、ワンちゃんが怪我をする心配もありません。ドッグランにはこれが1番オススメです!

バークチップの施工事例

お庭への使用事例1

お庭への使用事例

個人宅のお庭に業務用バークチップを敷いた事例です。雑草対策でバークチップを敷いたのですが、見た目も綺麗で景観が良いため施工主様も大満足でした。

お庭への使用事例2

お庭への使用事例2

コチラも個人宅のお庭で業務用バークチップを敷いた例です。バークチップを敷く前は寂しい感じでしたが、施工後は華やかになりました。

まとめ

  • ドッグランにチップを敷くことでクッション性が高まり、ワンちゃんの足腰への負担が少なくなります。
  • お庭の景観も良くなるため、非常にオススメです。
  • 安く済ませたいならウッドチップが良いでしょう。
  • 見た目もこだわりたい、品質が良い物を選ぶならバークチップがオススメです
  • あまり安い物(粗悪品)を選ぶと、木のささくれ、トゲが入っている場合があるので注意しましょう。
  • 犬種(ペットの大きさ)に合わせて、粒サイズを選びましょう。
  • 犬種(ペットの大きさ)に合わせて、チップを敷く量も調節しましょう。
  • 品質の良いチップを安く買いたい、大量に敷きたい場合は業務用バークチップがオススメです。

業務用バークチップ