プロ向け業務用資材の販売店

エフロ・白華ってなんなの?

コンクリート、モルタル、タイル表面に発生する白い汚れ、それがエフロ汚れです(エフロレッセンス、白華とも呼ばれます)。エフロはコンクリート中に含まれる水酸化カルシウムが雨水などで溶けだし、表面で乾燥して再度固まった物になります。この時、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムになるため非常に硬くなり中々落とせない白い汚れになるのです。 コンクリート中の成分が溶けだしていると書くと「コンクリートの強度は大丈夫なの?」と心配になる方もいるかもしれませんが、これは自然な現象の一つで強度が落ちることはありませんのでご安心ください。しかし、見た目が悪いため景観を損ねてしまうのが一番の問題です。

エフロ汚れはどうやって落とせばいいの?

エフロ汚れは非常に硬く、手作業では中々落とすことができません。大きく堆積している場合はヘラなどで削り落とすことができますが、薄く貼りついている場合は簡単には落とせません。無理やりやろうとすると下地が傷ついたり、欠けてしまうことがあるため要注意です。 プロの清掃業者さんはエフロ専用除去剤を使用して掃除をしています。酸性の除去剤を使い、炭酸カルシウムを溶かして除去しているんですね。除去剤は色々な種類がありますが、その中でも今回紹介するエフロレックスがオススメです。

プロも使っている!エフロの落とし方

エフロ専用除去剤エフロレックスは清掃専門業者が製造している洗剤です。現場の声を熟知しているからこそ効果の高いエフロ除去剤になっております。また、エフロレックスは他のプロ清掃業者さんにも流通しており、「業者さんが愛用しているエフロ除去剤」なのです。 エフロ除去剤というのはほとんどが毒物劇物指定の薬品(効果が強い)なのですが、エフロレックスは普通物の洗剤になっております。そのため、人に優しく安心して使えるのが大きな特徴です。さらに、普通物なのにエフロをしっかり落とすのがプロ達から選ばれている理由なのです。


エフロレックス 価格一覧

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
エフロ専用除去剤エフロレックス 1リットル 3,394円
エフロ専用除去剤エフロレックス【送料無料】 4リットル 12,960円
 




 

エフロレックス 使用事例

コンクリート壁のエフロ除去



左側が掃除をしていない部分、右側がエフロレックスを使って清掃した部分になります。元々左側のようにエフロが厚く堆積していたのですが、エフロレックスを使うことで下地がハッキリ見えるぐらい綺麗になりました。このように、コンクリートの下部分(雨水の通り道)にはエフロが堆積しやすい傾向があります。


厚く堆積したエフロの除去



白カビのように厚く堆積したエフロ除去の例になります。このようにエフロが厚くなっている場合は、清掃前にヘラなどでエフロを削り落とすと作業時間短縮、薬液の節約になります。


薄く貼りついたエフロの除去



薄く貼りついたエフロはヘラやブラシなどで落とせないため非常にやっかいなのですが、エフロレックスを使うことで溶かして落とすことができました。手作業では難しい所は溶かして落とせる除去剤がオススメです。



 

エフロレックスの使い方

エフロレックスはプロ向けの強力洗剤ですので、適切な使用をお願いしております。

【使用可能な材質】

  • コンクリート
  • モルタル
  • レンガ
  • ブロック塀
  • インターロッキング
  • 磁器タイルなど


【使用前の注意】

  • 他の洗剤と混ぜて使用しないでください。
  • 天然石、大理石、艶加工されたタイルには使用できません。判断が難しい場合は目立たない場所で少量試し、確認を行ってください。
  • アルミ、ステンレスなどの金属には使用できません。酸性の薬液のため、付着すると変色する恐れがあります。ビニールなどで養生してから作業を行ってください。
  • ゴム手袋、マスク、保護メガネを着用して作業を行ってください。
  • 屋内では換気をしながら作業を行ってください。


 

1.たっぷりと水をまく



まず、エフロとその周囲に向けてたっぷりの水を撒きます。水を撒くことでエフロが柔らかくなりますし、周囲のコンクリートも水を吸います。エフロレックスは強力なプロ向け洗剤なので、そのまま撒くと下地を傷める恐れがありますが、一度水を撒くことで表面が保護されその心配が無くなります。


2.事前にできるだけエフロを削っておく



エフロが厚く堆積している場合は、ヘラやケレン道具(ハリガネのように硬いブラシ)などを使って事前にある程度削っておきましょう。大まかに削っておくことで作業時間の短縮、薬液の節約になります。


3.刷毛を使ってエフロレックスを塗布する



刷毛を使ってエフロレックスを塗布していきます。そのまま撒いても構いませんが、刷毛を使うのが一番薬液の節約になるのでオススメです。ただし、スプレー噴霧だけはしないようご注意ください。強酸性の薬液が目鼻口に入る恐れがあり大変危険です。また、周囲の車などにかかる恐れもあります。 エフロレックスを塗布するとシュワシュワと泡立ちながら溶けていきます。


4.泡立ちが止まったら再度削り落とす



泡立ちが止まったら再度ケレン道具などを使ってエフロを削り落とします。エフロレックスが表面を溶かしているため柔らかく落としやすくなっています。エフロが無くなるまでこの3〜4の作業を繰り返します。


5.最後にたっぷりの水で流して終了です



エフロが綺麗に落ちたら、最後にたっぷりの水で流して終了です。エフロレックスは効果の強い洗剤のため塗布したままにしておくと下地を傷める恐れがあります。最後は必ず水で洗い流してください。



エフロ汚れには専用除去剤エフロレックスがオススメ!


エフロレックス 価格一覧

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
エフロ専用除去剤エフロレックス 1リットル 3,394円
エフロ専用除去剤エフロレックス【送料無料】 4リットル 12,960円